電子申告情報のエントリ

e-Tax及び確定申告書等作成コーナーに接続できない事象について 2015/01/14

SSL3.0の脆弱性対策のため、平成26年12月8日に「SSL3.0」を用いた通信を受け付けないように設定が変更されました(SSL3.0を無効化)。

サーバ側で SSL3.0が無効にされたので、一部のご利用環境で確定申告等作成コーナーに接続ができなくなる恐れがありますので、TLSを利用する設定に変更が必要です。(下記参照)


◇Internet Explorer の設定方法

1. Internet Explorer の[ツール]メニューの[インターネットオプション]をクリック
 します。

2.[インターネットオプション]ダイアログ ボックスの[詳細設定]タブをクリックしま
 す。

3.[セキュリティ]カテゴリで、[TLS1.0 を使用する]のチェックボックスをオンにし、
 (使用可能な場合には)[TLS1.1を使用する]、および[TLS1.2 を使用する]の
 チェックボックスもオンにし、[適用]をクリックします(添付画像参照)。

4. Internet Explorer を再起動します。

▽e-Tax及び確定申告書等作成コーナーに接続できない事象について
 http://www.e-tax.nta.go.jp/topics/topics_ssl3.0.htm
▽暗号化通信の有効確認
 http://www.e-tax.nta.go.jp/gaiyo/gaiyo_ssl3.htm
▽所得税(確定申告書等作成コーナー)
 https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm

※「SSL3.0」の深刻な脆弱性とは
https://www.ipa.go.jp/security/announce/20141017-ssl.html
SSL3.0プロトコルには、通信の一部が第三者に解読可能な脆弱性が存在します。サーバ、クライアント間の通信において、SSL3.0を使用している場合、通信の一部が第三者に漏えいする可能性があります。

ただし、攻撃には複数の条件が必要で、例えば、中間者攻撃や、攻撃対象に大量の通信を発生させるなど一定の条件が必要になります。そのためただちに悪用可能な脆弱性ではありません。

  • 閲覧数 (10346)

平成26年1月6日以降、e-Taxで利用するルート証明書の追加インストールが必要です 2013/12/15

http://www.e-tax.nta.go.jp/topics/topics_251206_rootca.htm
平成26年1月6日以降、e-Taxで利用するルート証明書の追加インストールが必要となります。

同日以降は、新ルート証明書・中間証明書をインストールしないと、e-Taxソフト等が正しく動作しませんのでご注意下さい。

☆ルート証明書とは
ルート証明書とは、証明書の発行元(認証局)の正当性を証明する証明書のことです。
この証明書の発行元(認証局)を信頼の基点と呼びます。e-Taxでは、以下の認証局を信頼の基点としています。
・政府共用認証局(官職認証局)
・政府共用認証局(アプリケーション認証局2)

利用者はe-Taxソフト等を利用するにあたり、上記の認証局を信頼の基点とすることに同意した上で、ルート証明書をパソコンに組み込む必要があります。
インストールしたルート証明書は、配付されたプログラム、受付システムから送信されたデータ、納税証明書、接続先のサーバが、本当に国税庁のものであるかを確認するために使用されます。

  • 閲覧数 (11141)

e-Taxの利用可能時間 2012/01/20

3月15日(木)までe-Taxへの申告及び申請・届出等の送信可能時間が24時間運転となります。

  • 閲覧数 (18781)

地方税ポータルシステム(eLTAX)更改に伴うサービスの一時停止等について 2010/08/04

地方税ポータルシステムは運用開始から5年を経過し、ハードウエア機器の全面入替えを実施するため、下記の期間サービスを一時全面停止することになりました。

  停止期間 : 平成22年11月18日(木)〜11月25日(木)
  ※11月26日(金)は、8時30分からご利用になれます。

7月13日に Windows XP Service Pack 2 (SP2) / Windows 2000 の製品サポートが終了しレガシーOSとなったことにより、eLTAXサービス開始後は動作保証外のOSとなりました。

▽2010 年にサポート提供終了となる Windows 製品
http://www.microsoft.com/japan/windows/lifecycle/default.mspx

当事務所のパソコンも先月、Windows7に入れ替えました。

  • 閲覧数 (8755)

平成21年度における国税電子申告・納税システム(e-Tax)のアンケートの実施結果 2010/08/04

「平成21年度における国税電子申告・納税システム(e-Tax)のアンケートの実施結果について」が更新されました。
http://www.e-tax.nta.go.jp/topics/topicse.htm

平成22年2月から5月にかけてのアンケート回答者は、98.6%が個人(内50.9%が給与所得者)です。従いまして、回答者のほとんどは所得税の確定申告の利用者です。

事前手続の利用しやすさについては、「電子証明書の初期登録」(55.3%)を除き、ほぼ60%に達しています。20年度はどの項目も40%未満でしたから、わかりやすく改善されているのでしょうね。

医療費の領収書や源泉徴収票等の第三者作成書類については、その内容を入力して送信することによって、提出又は提示を省略することができることに81.2%の方が便利さを感じているようです。

医療費の還付申告は電子申告を利用する方が、今後も増えることでしょう。

  • 閲覧数 (8422)

ページナビゲーション

(1) 2 3 4 ... 7 »